FAQ サーバ環境について

PHPとMySQLのバージョンは何ですか。
GoldPlan, SilverPlan, BronzePlan, BlueMetalPlanのPHPバージョンは、5.1です
PurplePlan, RedPlan, OrangePlan, BluePlan, WhitePlanのPHPバージョンは、4.3です。
MySQLのバージョンは、すべて4.1です。
MySQLはphpMyAdminにPLESKコントロールパネルからアクセスして利用していただく設定になります。
ご利用については、データベースに関する知識が十分にある方のみご利用ください。原則サポート外でございます。
XOOPS oScommerce MovableType WordPressなどのサイトアプリケーションのインストールは可能ですか。
可能でございます。
また、oScommerce、WordPressは、PLESKのアプリケーションヴォルト機能にり、コントロールパネル上から完全自動インストール、アンインストールすることができます。
このほかにも、b2evolutionなど38種類のPHPアプリケーションを用意しております。
ただし、英語版のものを日本語パッチを用いてご利用いただく必要があるものもございます。
サーバのOSは何ですか。
Linuxでございます
PHPはセーフモードは変更可能ですか。
デフォルト設定では、ONとしています。
コントロールパネルの各ドメイン毎に設定を変更可能です。
変更方法は、
PLESKコントロールパネルログイン後、対象のドメインをクリックしてドメイン管理画面に移動して下さい。
ドメイン管理画面の「設定」をクリックして「PHP の \'safe_mode\' を有効(On)にする」のチェックボックスを解除し、画面最下部のOKボタンをクリックして下さい。
sendmailは利用可能ですか。
利用可能でございます。
/usr/sbin/sendmailがパスとなります。
perl(CGI)は利用できますか。
はい、利用可能です。
/usr/bin/perl がperlへのパスです。
CGIの利用には十分ローカル環境でテストしたものをアップロードしてください。
高負荷CGIの利用は、共用サーバであるため他のお客様に迷惑がかかります。
また、無限ループするようなCGIを用いた場合や、高負荷な状態が一定時間以上続くようなCGIは強制的に削除することがあります。また、対象のユーザ様のCGI利用について制限することがあります。
データ転送量に制限はありますか。
特に数値は設けておりませんが、帯域を占有するようなアクセスが続くような場合、制限を行うことがあります。
データのバックアップは、どのようになっていますか。
データは、RAID10でバックアップを行っています。このほかのバックアップは、定期的にお客様ご自身で行ってください。
RAID10によるバックアップは、データを完全に保障するものではありません。このため定期的なバックアップを必ず行ってください。
SPAMメール対策のアプリケーションはありますか
はい、ございます。
SpamAssassinをコントロールパネルからご利用いただけます。 スパムメールを登録学習させる機能や、ブラックリスト、ホワイトリストへの登録が可能です。
メールにアンチウイルス機能はありますか。
はい、ございます。
Dr.Web アンチウイルスをご利用いただけます。
ウイルス定義は、定期的に自動更新され、ウイルスを含むメールを遮断いたします。
.htaccessは設定可能ですか。
はい、設定可能です。
.htaccessの設定は十分注意して行ってください。
ImageMagickは利用可能ですか。
Metalプランでは利用可能です。
ImageMagickおよびImageMagick-perlをインストールしております。
Colorプランでは、ImageMagickは利用できません。
ImageMagickの代わりにNetPBMをご利用ください。
パス: /usr/bin
PHPのセーフモードをOFFにして下さい。
ドメイン管理画面の「設定」からOFF設定することができます。
ご利用方法についてはサポート外とさせて頂きます。
SSLの利用はどのようにすればよいのですか。
コントロールパネルにログインしていただき、SSLの設定を有効にして頂く必要があります。

設定方法:
ログイン後表示された画面の下部の対象ドメイン名をクリック 表示されたドメイン管理画面の「セットアップ」をクリック
表示された画面の
「SSLサポート」にチェックを入れる
「SSL認証を受けないコンテンツと同じディレクトリに、SSL 認証を受けるコンテンツを設置します」にチェックを入れる
画面最下部の「OK」をクリックして設定完了です
注意:「SSL認証を受けないコンテンツと同じディレクトリに、SSL 認証を受けるコンテンツを設置します」にチェックしない場合は、SSL専用ホームディレクトリ「httpsdocs」でのみSSL暗号化されます。

SSLサイトへのアクセス方法:
https://yourdomain.dom/xxxx.xxx
https://yoursomain.dom/cgi-bin/xxxx.cgi
等でアクセス可能です。

rubyへのパスは何ですか。
/opt/ruby/bin/ruby
です。
rubyのバージョンは、1.8です。
postgresqlのパージョンを教えてください。
バーション 7.4
です。
CGIは、ホームディレクトリ(httpdocs)に設置可能ですか。
CGIを設置するには/cgi-bin/ディレクトリに設置する必要があります。
ただし、その場合ですと画像ファイルが/cgi-bin/内では表示されない為に/httpdocs/ディレクトリ側に設置してパス処理をして呼び出さないと反映されません。
/httpdocs/abc/yyy.htmlから
/cgi-bin/xxx.cgiへの相対パスは、
../../cgi-bin/xxx.cgi
となります。
どうしてもCGIを/httpdocs/ディレクトリ内に設置する必要がある場合、 /httpdocs/ディレクトリ内に下記の内容を「.htaccess」に記述してサーバーに転送して下さい。
Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script .cgi
AddHandler cgi-script .pl
すでに.htaccessファイルが存在している場合、下部行に上記の設定内容を追記してください。
HPファイルの転送先が分かりません
htmlファイルは/httpdocs/フォルダ内へ
CGIファイルは/cgi-bin/フォルダへ
転送して下さい。
それ以外は「システムフォルダ」ですのでそれを削除したりしないよう注意してください。
CGI設置の時に/cgi-bin/に格納した画像は表示されません。/httpdocs/側に画像配置してCGI側のパス処理で呼び出すようにして下さい。
/cgi-bin/xxx.cgiから
/httpdocs/images/yyy.gifを呼び出す場合のパスは、
../httpdocs/images/yyy.gifとなります。
データベースのホスト名は何ですか。
localhostと指定してください。
サブドメインでのHPファイルの転送先はどこですか。
cgi-bin/
/httpdocs/
/httpsdocs/
/subdomains/ と言うディレクトリが自働生成されます。
ディレクトリ構造は、以下です。
/subdomains/
  │
  └/○○○○/ ←作成したサブドメイン名
     │
     ├/cgi-bin/ ←CGI設置ディレクトリ
     └/httpdocs/ ←htmlや画像設置ディレクトリ
cgi-bin内のディレクトリに属性777を設定するとCGIが動作しません。
cgi-bin(CGI設置用ディレクトリ)内のディレクトリ属性を777に設定するとその中に設定されているCGIは動作しません。
このとき属性を755に設定すれば、本来777に設定しなければならないCGIアプリケーションであってもほとんどの場合動作する仕様になっております。
Tomcatのバージョンは何ですか。
5.03です。
java-sdkのバージョンは1.4.2です。
Webメールの利用方法がわかりません。
http://webmail.yourdomain.dom/
にアクセスし、メールフルアカウント名(xxxx@yourdomain.dom)とパスワードを入力してログインしてください。
コントロールパネルのメール設定画面でアカウント一覧を表示させ 右端の丸いアイコンをクリックしてもアクセスすることができます。
Authen::Captchaは利用できますか?
はい、利用可能です。
Perlのモジュールとしてインストールしております。
バージョンは、下記です。
perl-Authen-Captcha-1.023
MovableType4でCaptchaを利用したのいのですが、エラーが出ます。
「cgi-bin」直下にある「mt-config.cgi」(自動インストールの場合)に変更を加える必要があります。
「mt-config.cgi」の最後の行に下記のコードを記載して下さい。
必要に応じて適宜「captcha-source」までのパスは変更ください。
#======== CAPTCHA =======================
CaptchaSourceImageBase /var/www/vhosts/ご利用ドメイン名/httpdocs/mt-static/images/captcha-source
ディスクを多く使用しているフォルダを特定するには?

Plesk9シリーズの場合
ドメインの画面にある「ファイルマネージャ」へ進みます。
各フォルダの左側のチェックボックスにチェックを入れ、「電卓」マークのアイコンをクリックすると、チェックを入れたフォルダ内のデータ容量を計測します。
容量を多く使用しているデータを特定できます。

Plesk8シリーズの場合
ドメインの画面にある「ファイルマネージャ」へ進みます。
各フォルダの左側のチェックボックスにチェックを入れ、「電卓」マークのアイコンをクリックすると、チェックを入れたフォルダ内のデータ容量を計測します。
容量を多く使用しているデータを特定できます。
ドメインの画面にある「レポート」へ進みます。
メールアカウント単位での使用量が確認できます。